天の川のほとりで星空散歩 - 星雲星団を楽しみましょう
天の川のほとりで星空散歩のTop画像

天の川のほとりで星空散歩



春の星雲星団リスト 夏の星雲星団リスト
秋の星雲星団リスト 冬の星雲星団リスト

星図から星雲・星団を探す


* メシエ天体
* カルドウェル天体
* シャープレス天体
* 詳細検索


■■■ブログ一覧■■■

★ 銀河,星雲,星団
★ 恒星,太陽
★ 惑星
★ 月
★ 彗星
★ 流れ星
★ 広角,星景
★ 機材,工作,グッズ
★ ソフト,Webサイト
★ 観測地
★ その他


■■■新着記事■■■


月を食べちゃう地球の影


コスパ最高 Tamron 15-30mm F2.8 で 秋から冬の天の川


火球がバーナドループ横を通過。流星痕まで残ってるし・・・・・


テントの向こうに冬の夜空(大三角形、冬の天の川)


皆既月食 太陽から見たらきっと。2018.1.31


ガリバー王国跡地駐車場、オリオン座と富士山


オリオン座付近の星雲って華やかですね~


M7(トレミー星団)、富士山5合目冬季閉鎖解除









天の川のほとりで星空散歩のバナー

 RSS

         最終  新規
星の写真、フリーソフトで処理したい(その1)15/07/24 19:52
Babyelf
 梅雨、やっと明けましたね。でも次なる台風が~~~。こんな日は、パソコンでお宝探しです。で、何を探していたかというと綺麗な天体写真の加工に使えるフリーソフトです。

 私が天文再開してもう少しで2年になりましす。まだまだ、デジタル画像処理の勉強中で諸先輩方の写真には到底届きまっせんが、昔、フィルム撮影でとても手が出なかった星雲星団の画像処理(炙り出し作業)や星夜写真を楽しんでます。私のUpしている画像は、有名な有料ソフト(ステライメージやPhotoShop)を使用しているのが殆どです。でもこれらの有料ソフトによる画像処理は、天文始めたばかりの方が手を出すには、ちょっと敷居が高いですよね~。ということで、私の画像処理の一番大事な部分だけでもフリーソフトだけで処理出来ないかな~と思ってました。もちろん、画像の質は妥協せず、お手軽に・・・。

まづ、私の行っている星の画像処理の手順は、今のところ下記が基本になっています(正しいかどうかが分からないのですが・・・・)。

  1.画像のコンポジット(Light画像、Dark画像、Flat画像)
  2.レベル調整
  3.周辺減光、カブリ補正
  4.トーンカーブ
  5.スターシャープ
  6.ネブラスムース
  7.バックグラウンドスムース
  8.星マスクっぽい処理(調整レイヤー)

このうち、星の写真を綺麗に仕上げる為の一番大事な部分は、最初の部分1.~4.だと思います。この部分の処理を間違えると貴重なデーターの情報が近くの違う値に置き換えられてしまったり消えてしまったりして、5.~8.をいくら頑張ってもザラザラな絵になったり、星の色が無くなって白黒画像みたいになってしまったりします。ということで、1.~4.の基本的な部分を出来るだけ多くの階調数を扱えるフリーソフトで処理したいと思って探しました。

◆For 1. ⇒ DSS(Deep Star Stacker、2015年7月20日時点の最新バージョンは、3.3.4)
 ※ rar形式で圧縮されているので、Lhaplus等で解凍してください


 天文の画像処理を行っている方の間では有名なフリーソフト。非常に強力なコンポジット(0.1画素単位で自動位置合わせ)が可能で、各色16bit(48bit)の処理(もしかしたら、各色32bit(96bit)かな~)が出来、保存は、Tiff 各色32bit(96bit)やFits形式(ステライメージで使用)を選択できます。 今回は、ステライメージ以外のソフトで処理する為、各色32bit Tiff Rationalを選択してください。ただ、この32Bit Tiff Rational形式の画像、階調は豊で良いのですが、通常の画像処理ソフトでは開くことさえできません。

 どうしたものかな~といろいろ探していましたが、とうとう見つけました。RawTherapeeというソフトです(知っている方もいるのかもしてませんが・・・・・)。

◆For 2. 3. 4. ⇒ RawTherapee (2015年7月20日時点の最新バージョンは、4.2.238)


 本来は、Raw現像を行う為のソフトで、カメラの元画像(各色12~16bitのカメラ内で処理していない画像)を読み込んで綺麗に仕上げる為のソフトです。今回は、この高い階調を扱える特徴と様々な補正機能を生かして、「2.レベル調整」「3.周辺減、「カブリ補正」「4.トーンカーブ」 の部分を処理できることが分かりましたので使用させていただくことにしました。ビックリするぐらい優れたソフトです。もちろんTiff32bitも読み込めます。処理が終了したらBMP形式(各色8bit)で保存してください。そうすればお好きな画像処理ソフトで追加の加工が行えます。

◆For 5. 6. 7. 8. ⇒ GIMP,Krita,Paint.net等
 ※ フリーの画像処理ソフトの例です

DSSRawTherapeeの使い方については、後日改めて纏めます。まづはインストール・使ってみてください。

◆お約束の言葉
 上記ソフトを使用したことによる不具合・破損・データ損失等が起こった場合も当方では責任を負えませんので、自己責任でご使用ください(^^♪



にほんブログ村クリックいただけると励みになります。

コメント(0)  

Virtual Dubでタイムラプスを作ろう15/07/26 20:46
Babyelf
 今回は、前回アップした「天の川と飛行機のタイムラプス」を例に動画の処理方法についてまとめましたのでご参考までにどうぞ。

 タイムラプスは、インターバル撮影の出来るレリーズと三脚だけ、特別な機材が要らないのでお手軽な撮影方法です。また、タイムラプスの醍醐味は、時間と共に変化する空の色や動きです。雲の流れ、空の色(夕焼けや月の明かり)、流れ星、車のサーチライトで照らし出された山の木々、飛行機や人工衛星等も出来上がった作品に華を添えてくれます。あまり難しく考える必要は有りませんが、これから作る夜の空や風景の動きをイメージしながら構図を選んだりストーリーを考えたり結構奥が深く面白い分野だと思います。一度セットしてしまえば、星雲を撮影している横で勝手に撮影してくれるのも、お手軽でいい感じです。次回は、もっと綺麗に撮影したいです。

 処理方法を書きますと言っても、まだまだタイムラプスの素人。諸先輩方のHPやVIrtual Dubのページを解読・勉強しながら作品にしてます。もっと、こんな処理を加えたら綺麗になるよっていう情報が有りましたら、コメント欄で教えてください。

 今回使用したソフトは、数有る動画編集ソフトの中で、VertualDub(フリーソフト)です。このソフトには、天文画像の動画処理に必要ないろいろな補正機能(フィルター機能)が準備されています。今回の撮影中、頻繁に横切って気になっていた飛行機の軌跡も「afterimage」というフィルターで流れ星っぽい仕上がりになりました。ついでにafterimageの効果で元画像で露光量不足によるノイズも低減されちゃいました(ラッキー)。 では【ソフトの準備】【実際の撮影】【動画の処理】の順番に書いていきます。

【ソフトの準備】
VertualDub(フリーソフト)のインストール
  a.VertualDub(1.10.0)をダウンロードして解凍するだけ。
  b.日本語化パッチ(1.10.0)を本体を解凍したフォルダー内で実行。
   ※ Virsionが違うと動かないので注意。
  c.動画を読み込む為の各種コーデックやプラグインのインストール。
  - Xvid Codec, Divx codec, ffdshowとかを入れると動画の読み込みや圧縮が出来るようになると思います。詳細は、Webで調べてみてください。
  d.各種フィルター(標準フィルターと必要に応じて追加できます。いろいろ探してみてください)
  - Resize: 画面サイズ調整
  - Levels : レベル調整(全体の明るさ・濃度)
  - HSV adjust : 色調整フィルター
  - VirtualDub MSU Smart Sharpen Filter ノイズを抑えつつシャープ。
  - Gradation Curves VirtualDub filter トーンカーブで階調補正
  - Hue/Saturation/Intensity Filter for VirtualDub 色相・彩度・明度補正フィルタ
  - Deflicker Filter for VirtualDub 撮影画像毎の明るさを測定・補正して画面のチラツキを抑えます。
  - Afterimage:光跡を追加、残像効果を追加。流れる星や流星を見やすくしたりできます。
  - The Rotate filter : 画面の回転

【実際の撮影】
◆参考までに撮影条件等を記載します。ソフトの確認用だけならは、雲の流れを撮ってみるのも良いと思います。

  - なるべく明るい(f値の小さい)レンズでできれば解放(f3.5以下)
  - ISO感度は、高め(3200)好感度ノイズは、後の動画処理で消す。
  - 露光時間(星が流れない長さ&十分な露光で)、多少星が流れても問題有りません。
   ・夜間なら20秒固定でいいかな~。
   ・夕方から撮影開始なら、絞り優先AE。暗くなったら20秒位で固定。
  - 撮影枚数と動画時間、20秒位の間隔なら180枚/1時間。30fpsで6秒の動画になります。
  - ホワイトバランス(WB)は、OFF。勝手に調整されると画面がチラツクので。
  - 撮影後の画面チェックは、電池が無くなるのでできればOFFにしましょう。
  - 結露に注意(出来れば、ヒーターを巻く)、途中から曇るとそれは、それで味があっていいかも・・・・
  - インターバルタイマー機能付、レリーズ準備。私は、メーカー互換品を使ってます。




  - ピントは、MFで遠くの街灯か明るい星で合わせ、できればテープで固定。
  - 三脚は、風に煽られないように短めに。

【動画の処理】
  ①撮影した画像を「連番ファイル」で一つのフォルダに入れます。
  ②「ファイル」→ 「ビデオファイルを開く」で1枚目を選択(番号が飛ぶとそこまでしか認識されません)。
  ③「映像」→「フレームレート」→ ソースレート調整を「変更する」に設定 → 30fps 、OK
  ④「映像」→「圧縮」でコーデックを選択してください。
   どれでもかまいませんが、[XviD MPEG-4],[X264vfw],[ffdshow Video Codec]等。
  ⑤「映像」→「フィルター」→「追加」
    ※ 下記の他にもいろいろ有ります。順番に注意してください。
    ・[gradation curves] →「Show Preview」:適当な時間の画像を使ってトーン調整。
    ※ 色合わせの為には、Processing を「RGB+R/G/B」に設定。
    ・[deflicker] :画面のちらつきを抑える。デフォルトのまま
    ・[resize] : 動画のサイズを決める。大きすぎても仕方がないので、(○○○○ × 768)ぐらい?
  ⑥「ファイル」→「名前を付けて保存」で開始されます。

こんな感じかと思います。では、参考になれば幸いです。このページを見てうまく行ったら、You Tubeにアップして、HPのアドレスにURLを記入しておいてください。



にほんブログ村いつもクリック有難うございます。

コメント(4)  7/29 6:19

         最終  新規

118622