M8(干潟星雲)&M20(三裂星雲)、M4、彼岸花星雲 - 天の川のほとりで星空散歩
天の川のほとりで星空散歩のTop画像

天の川のほとりで星空散歩

↑ Blog all
M8(干潟星雲)&M20(三裂星雲)、M4、彼岸花星雲 15/05/04 04:36
babyelf
いよいよ、富士山での観測シーズンです。
これまで、冬季閉鎖されていた富士山の道路が開通が開通し、さっそくスカイライン5合目までお友達と一緒に星見に出かけることにしました。GPVで雲の動きを見ると、夜11時ぐらいまで雲の予定。でも、夕方6:30でゲートが閉まるのでその前に到着しないといけないということで、午後4:30に到着。しばらく雲の中で歓談した後、各自の車で休憩(すやすや・・・)。2時間程してふと目が覚めるとそこは、一面の雪景色。さすが富士山5合目です。翌朝、帰ることができるか心配しつつ、車上の雪かきを行った後、気温0度の中、みんなでコーヒータイム。今日何を撮るのか、どんな撮り方をするのか、新しい機材を入手した話等、星の話で盛り上がっていると徐々に晴れ間が出てきました。雲の合間を見ながら赤道儀と望遠鏡を設置。結局晴れたのは、予報より遅いAM1:30ぐらいでしたが、天文薄明の始まるAM3:30ぐらいまでの約2時間 頑張って夏の星雲・星団を撮影しました。今回は、先日入手したε130Dの本格的な投入になりました。

写真上側の青と赤の混ざった丸い塊りがM20(三裂星雲)、下の大きな赤い星雲がM8(干潟星雲)です。

M4、アンタレスのすぐ横にある球状星団です。さそり座のアンタレスを目印にすぐに見つけることが出来ます。

NGC6357、彼岸花星雲という愛称で知られている星雲でサソリ座の尾のあたりに有ります。近くには、エビ星雲や出目金星雲等、特徴のある星雲が沢山有りますので、次回撮影してみたいと思います。



にほんブログ村富士山5合目、雲海の上の天の川は最高だと思う方はクリックしてください。



コメント


**********  新規コメント  **********
ニックネーム:
パスワード: ※更新用
E-Mail: ※非公開。
WebSite:
コメント:

【 Blog all 】


116044